スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース速報2

Category : news
現在シングルス世界ランキング1位の女子テニスプレーヤー、ジュスティーヌ・エナン(ベルギー)が今日、引退することを発表しました。
http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/tennis/7399963.stm
...昔から応援していて、私が一番好きなテニスプレーヤーです。
理由は最近の不調によるらしいのですが、まだ25歳、スランプに負けず是非プレーし続けて欲しかった。非常に残念です。私にとって、もうテレビで女子のテニスの試合を見る楽しみがなくなったも同然です。

IMG_5794.jpg

この細いからだから、どうしてどうしてあの強力な、バックのシングルハンドが打てるのかいつも不思議で、そしてすごく憧れていました。
ソレンスタムに続きエナンと、残念、残念としかいいようがありません。。
スポンサーサイト

悲劇。

Category : news
もう5月というか、やっと5月というか。
もうこちらは十分暖かい日が続いていたので、暖かい5月が待ち遠しいということがなかったけれども、ウメオにいたときは4月の終わりまで雪がもりもり残っていたのを考えると、やはりとうとう5月という気持ちになります。

一昨日くらいの新聞に、今年の秋学期への大学出願トップ10が載っていました。
一番人気はストックホルムにあるカロリンスカ研究所の医学部で、2位にはストックホルム大学の法学部、3位はストックホルム商科大学の経済学部が続きました。
この2位のストックホルム大学法学部を始め、私の志望した学部がなんと5つもトップ10入りしてました...。どんだけの倍率ですかという感じで、お先真っ暗です。
みんな、考える事は同じなのね。。
ちなみに今年の現時点での出願者合計は29万人で、去年より13%増加したようです。
国全体の人口(900万人)を考えると、この数字はかなり大きいと思います。
けれど、その中で最も著しい増加は、私のようなEU圏外の外国人志願者で、なんと2万2千人だそうです。
授業料がタダというのがスウェーデンで勉強する魅力のようで、近年インド、中国などアジア圏からの学生が急増しています。しかしこれから先、EU圏外の学生には授業料を課すという動きもあり、そのとき私に残された道は、ポールのプロボーズを待つことぐらいでしょうか...。

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

エイプリル エイプリル

Category : news
4月1日、スウェーデンのメディアが一斉に信じられなります。
昨日、スウェーデンの各紙では"真実ではない"記事が掲載され、スウェーデンのNHKに当たるsvtでも、嘘のニュースが放送されました。
スウェーデン最大の発行部数を誇る朝刊紙、Dagens Nyheterでは、ストックホルムにあるスキー場を、環境の変化に左右されず9月から4月まで常にスキーが滑れるように、ガラス張りにする計画が進んでいるという偽の記事が掲載されました。
hammarbybacke-1.jpg

写真はwww.dn.seより。
今じゃなんとなく普通に有り得そうなニュースだったので、私もすっかり騙されました。
他にも、夕刊紙Aftonbladetが、ストロベリーとラズベリー異種交配された、その名もストラスベリーがイギリスの嗜好家の間で大ヒットだと報じ、ウップサーラの新聞では、日本の皇后陛下が昨年訪れた際に、ウップサーラ中央駅前にある「ニクスのポルスカ」という銅像の"アソコ”が露になっていることに難色を示したため、銅像の周りを花で囲んでアソコを隠すことが決定されたいう、嘘を報じました。

しかし、スウェーデンではまだテレビが白黒の時代に、svtが「ストッキングをテレビにかぶせると自宅のテレビがカラーになります」と、いかにも科学的な発見という感じで放送し、スウェーデン人が一斉にストッキングをテレビにかぶせてみたというのが、一番クラシックなエイプリルフールの話らしいです。

ちなみに私は昨日、友達にエイプリルフールの冗談のメールを送ろうとしたら、インターネットのサーバーがダウンしたという、冗談じゃないよという事態が起きたりしました。
ちなみにみなさんは昨日どんな冗談にひっかかったり、誰かを騙したりしましたか?

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

jag jag サギ

Category : news
昨日、こちらの新聞に「老夫婦、偽の孫にだまされる」という、日本人には何とも馴染み深い見出しの記事が掲載されていました。これってもしかして...と思いつつ記事を読んでみると、まさにれっきとした「オレオレ詐欺」。ついにスウェーデンでも起こってしまったみたいです。が、この老夫婦の場合、失礼ですが、かなりおもしろいエピソードとなっています。

復活祭の少し前にこの老夫婦の孫と名乗る女から電話があり、急遽お金が必要になったから10万クローナ(約165万円)貸してくれと言ってきた。使い道を聞くと、復活祭で家族が集まる際にサプライズをしたいからということで、それまで家族には黙っておいてねということだった。...この時点でもうかなり怪しいです。が、更に、お金を取りにきたのは孫の知り合いと名乗る男。...こんな他人に大金を渡してしまうのかい、ばあちゃん。
そして復活祭当日。じいさん、ばあさんはいつサプライズが来るのかと、わくわくしながら待っていました。でもなかなか来ない、サプライズ。そこでばあさんは業を煮やして孫に聞きます。「サプライズはまだかい??」
ここでようやく、老夫婦は自分たちがだまされていたことにようやく気付いたわけです。
つくづく、スウェーデン、平和だなぁと思わざるを得ません。
この隙ありありな偽の孫もすぐ捕まるでしょう。
というか、まず、165万円もするサプライズって...なんだそれ!!って感じです。

それと昨日、(26日)兄のいるバンドがインターネットTVに出演しました。
私もポールとパソコンで生放送見てました。
デビューに向けて着々とアクションを起こしてるみたいです。
遠くて応援してます。がんばって☆

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

プロフィール

おった

Author:おった
今年の頭に学生結婚を果たしました。その直後、旦那さんは日本へ1年間の留学へ。極地スウェーデンに残された日本人妻はしかし、将来生計をたてるべく、日々学業に励んでいます。
8月21日に青山でささやかな披露宴を開き、皆さんに祝ってもらってようやく夫婦の実感が湧いてきました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。