スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデン選挙スペシャル

Category : Sweden
スウェーデンで19日の日曜日に、地方、国政一斉選挙があったことは前にも書きましたが、ここで結果についても触れたいと思います。
結果と言っても、まだ海外からの票や、期日前投票の開票が続いているので、最終的な投票結果は待たれるところですが、今の段階では、穏健党を中心とした右派連立(穏健、中央、自由、キリスト民主党)が49.3%でなんと過半数割れ、社会民主党が中心の左派連立(社会民主、左、環境党)は43.7%で政権奪回できないどころか、スウェーデン最大の社会民主党においては、4年前の選挙に比べて4.4%も票を落としてしまいました。
ここで何かがおかしいことに気付いた人は素敵です。
そうです。残りの票の行方です。その行方が今回スウェーデンの国全体に衝撃を与えたのでした。それは、差別主義とメディアから”ボイコットされてきた”(党本人による)極右のスウェーデン民主党が何と全体の5.7%の票を集めて、国会入りしてことです。
それによって、今スウェーデンの政治は大変なことになっています。

国会で法案などの議決をするには全体の過半数の一致が必要なのですが、つまり右派は自分たちだけでは政権を保持できないので、どこかの党に協力を得なければならないことになります。

開票速報を見ていたとき、国民の間では、まさかスウェーデン民主党が政治決定に影響を及ぼすのでは...という最悪のシナリオが頭をよぎったのですが、穏健党の党首であり、総理大臣のフレドリックさん(*元テニスプロ、アンドレ・アガシ似)は、スウェーデン民主党にだけは、私たちの国の行方に影響を受けさせないと、協力を仰ぐ意思をきっぱりと否定したのでした。

そこで右派に残された選択肢、この現状において、最も”まとも”な策は、左派と連立を組みながらも、社会民主党や左党よりはまだ、リベラルな環境党に協力を仰ぐというものです。
環境党は今回、エコ意識の高いスウェーデン国民の心を見事に動かし、4年前に比べて2%も票をのばして7.2%を獲得、現在では社会民主、穏健に続いて三番目に大きな党となっています。

もしこれが日本であれば、政治決定に関われるチャーンス!と、イデオロギーの違いを超えて、快くオファーを受けるところでありましょうが、環境党の美人党首、マリアは渋ってるのであります。
昨日のニュースや政治討論を見ていると、「右派は、環境党のみならず、社会民主党と左党も呼び合わせ、7党で協議を行うべき」の一点張りでした。ここで注目すべきは、彼女が”7党”と表現しているあたりから、これは既成の7党VSスウェーデン民主党と、政治の構図がややおかしくなっているところと、環境党は、支持を急激に落とした社会民主党の唯一の救世主なので、その手前、簡単には右派に協力できないというところです。
つまり、環境党は、スウェーデン政治の、キーパーソンならぬ、キーパーティーなのであります。
この政治の行方がどうなるかはまだわからないので、楽しみに見守っていくとして、例の、スウェーデン民主党の思わぬ(?)大進撃に、スウェーデン国民はショックを受けています。
4126518263.jpeg
写真は、スウェーデン民主党、政界入り反対のデモンストレーションに集まった人たち。(ストックホルムで。なんと17歳の女子高生がフェイスブックで呼びかけてこれだけの人が集まった。)

ここで、だから、スウェーデン民主党っていったい全体どんな党なのという疑問にできるだけ答えたいと思います。
彼らの最大のマニフェストは、「スウェーデンへの移民を90%減らして、単一民族国家を目指す」というもので、特にイスラム教を敵にしていて、移民を排除することで、犯罪も減り、国の予算も増え、安定した将来を築くことができると訴え、特に移民の多いスウェーデンの南で多く票を集めています。
しかし、スウェーデン人が差別主義化してきたかというと、必ずしもそうではなく、党に一票を投じた人の多くが、自分の生活や、国の政治に不満を持っていて、そのはけ口に投票したか、彼らの安易なレトリックに惹かれてしまったに過ぎません。投票した人の中では、今更、しまった、まさかこんなことになるとは...と思っているが多いと思います。
そもそも、スウェーデン民主党に投票したなんて、大きな声で言えるひとはほとんどいません。
「差別主義者」という言葉は、とても強い言葉です。そんなレッテルを貼られては、せまいスウェーデンでなかなか生きていけません...。これはこれで問題ですが、スウェーデン民主党員は常に、党を嫌う人たちからの暴力の危険にさらされています。(こうした度を過ぎた弾圧が、逆に民主的ではないという批判が今話題になっています。)

ただ、ここではっきりしておきたいのは、移民問題を取り上げることと、差別をすることとは全く異なるということです。スウェーデン民主党は、確かにネオナチ、白人至上主義の陰がいまだちらちら見えますが、移民政策は国全体の関心事であり、差別だと、一言で片付けられる話ではなく、問題提起されるべきです。スウェーデンでは、スウェーデン民主党の存在は議論されてきましたが、移民政策についてはこれといって深く議論されてきませんでした。むしろちょっとタブー扱いです。移民を受け入れる良い点と、改善されるべき点をしっかり議論することで、偏見もなくすことができ、スウェーデン民主党の、倫理的のみならず、政策的問題点もしっかり浮き彫りになると思います。

私が思うに、スウェーデン人のいいところというより、スウェーデン人国民を特徴づけると、他国の文化に理解があり、助けを必要とする人には優しくて大きな手を差し伸べる、素敵な心を持っているということに尽きます。その”スウェーデン人らしさ”がなければ、どんなに髪の毛が金髪であろうと、スウェーデン人ではなくなってしまうと思います。つまり、スウェーデン民主党を支持するということは、スウェーデン単一民族を目指すどころか、この素敵なスウェーデン人らしさ逆に失う方向に持っていく恐れがあるということなのだと、私は今回深く思ったのでした。。
スポンサーサイト

選挙日

Category : Sweden
今日はスウェーデンの四年に一度の地方、国政一斉選挙の投票日ですが、まだ選挙権のない私もしかし、その動向を興味深く追っています。
今晩は友人と家で食事をしながら、選挙結果の速報を見る予定です。

今回の選挙は、この4年間政権を取ってきた穏健党(保守党)を代表とする右派連立と、四年前まで二度の政権交代を除けば半世紀以上政権を担ってきた、社会民主党を代表とする左派連立が接戦を展開していて、世論調査では右派連立が左派を5%前後上回っていますが、夏の参院選のように、最後までどうなるかわかりません。

選挙の詳しい内容はこちらのブログを参照→スウェーデンの今 (ヨーテボリ大学経済学部博士課程に席をおく、佐藤さんのブログです)

しょっぱな”選挙の動向を興味深く追っている”とかなんとか言っちゃって、しかし、金曜日にさっそく試験があったので勉強に忙しく、あまりテレビで政見番組を見る余裕はなかったのですが、たまにテレビをつけて党首討論がやっていたりすると、まず私は、「スウェーデン人はなんて幸せなんだろう、こんなに必死になって国民のことを考えてくれる人がいて!」と感動します。特に今回の選挙は、国の教育の在り方(特に高校以下の義務教育について)が選挙の大きな焦点になっているので、将来の国の在り方を左右する子供の教育について考えるのは当たり前のことではあるけれど、こんなに必死になって教育について議論している日本の政治家を私は見たことがないので、素直に感心します。

国民の投票率も前回2006年の選挙が82%、今回も国民の関心が非常に高いので、前回の投票率を上回る可能性も十分あるそうです。
そういえば、私のクラスメートも何人か地方選挙に立候補しています。
クリーンで熱い政治家によって生まれるこの政治への関心の高さ、それによって保たれる国民による厳しい政治に対する監視の目、このいい循環を日本はまず福祉国家政策より先に学ぶべきだと思ってしまいます。



2週間を振り返って

Category : Sweden
テストが終わってから2週間が経ちます。日夜家に閉じこもって勉強する日々から一転して、今は、クラスメートと論文を書いて、裁判のロールプレイへの準備をしたり、ちょうどテストが終わってから翻訳のアルバイトなどが3本ぼっと入ったので、少しお小遣いを稼ぎつつ、自由時間には人とも会って、公私ともに充実させています。(テストは悲惨なものでしたが、それはおいといて。)

この2週間以内に起きたビックイベントは、なんと言っても、カナダ時代の友達のヒロが、日本からはるばる遊びに来てくれたことです。
ヒロには、北欧4カ国廻るという当初の計画を変え、コペンハーゲンとヨーテボリ、ストックホルムの3都市でゆっくりしてもらうことになりました。北欧はやっぱり、カフェなどでのんびりしたり、こちらのスローな日々を堪能してもらうのが、一番の旅行の仕方なのではと思います。

ヨーテボリ滞在の二日間は、私の友人のペーテルと彼女のサラ、彼らの友達、友達の友達、たちと花見をしたり、アーティスティックな人たちが集まる単館映画館のレストランで食事をしたり、パレードを見ようと、6階にあるペーテルのアパートからエレベーターで1階に降りるとき、エレベーターがタイミングよく停止し、皆ワイングラス片手に1時間閉じ込められ、パレードをまるまる見逃してしまったり、ヒロに取って、ある意味思い出に残る旅行になったのではないでしょうか。

こんな感じで↓...一時間。
rszrimg1699jpg.jpeg

週末は早起きをして、ストックホルム行きのX2000へジャンプイン★
北欧へ来たら、何と行ってもストックホルム、ストックホルムは見逃せません。
私は、長期で住んだことはないものの、幾度となくヨハンの故郷、ストックホルムを訪れていますが、(そういえばその前の週も、ヨハンのお姉さんの結婚式のため来ていたので今回は2週連続訪問...)いつ来ても、スンバラしく、美しい街。観光するとここそ少ないですが、インフラ設備は抜群ながら、湖に囲まれ保たれる古く美しい街並み、街を行き交う北欧美男美女、美味しいご飯を作って待っていてくれる私のお義母さん(一番はそこかな...)など、言うことなしです。

一日目は取りあえずガムラスタンや市庁舎など基本コースはおさえ、お昼はÖstermalmで(私のブログにもよく出てくる)リンちゃんと合流し一緒にご飯を食べ、その後私たちはSödermalmへと向かいました。ヨーロッパのちょっと残念なところは、週末はやはり店が早くしまってしまうところですが、私たちはそのかわり、新しい試み、”魔女の宅急便ロケ地巡り”を決行。何の手がかりなしに歩き回り、魔女の宅急便に出てくる、パン屋さんがあるあたりを探しまわりました。そしてめでたく、魔女の宅急便に出てきたっぽい、景色のいいところを見つけ出すことに成功。

majo1.jpg

majo2.jpg

majo3.jpg

どのシーンとかっていうのは、よくわかりませんが、何となく、雰囲気とかね◎

その後、”観光名所”であるらしいアイスバーに行きましたが、その日は予約で混んでいてあえなく断念。
私はヨハンのママの家へ、ヒロはユースホステルへとお別れしました。

翌日の天気は快晴で、雲一つない真っ青な空が広がっていました。
天気のいいストックホルムはまた一段といいものです。

その日はお昼にヒロと合流しお買い物へ。
前日歩き回ったおかげで二人とも身体の節々が痛み、年齢を実感。。
5時半の電車でヨーテボリに帰るはずが、電気系統の故障ということで、一時間ホームで待たされました。
ヨーテボリについて、夕飯を食べながら魔女の宅急便を鑑賞し、ストックホルムを懐かしみ、翌日彼は日本へ帰っていきました。

一週間、あっという間だったけど、なかなか会えない友達に会って、色々なことを話せてとても楽しかった☆
基本的に日本に帰ったときにしか友達と会えないので、こっちに来てくれて、こっちの生活を知ってもらった上で話をすると、また違うなとも、正直思います。

おとといは、エレベーターに閉じ込められた仲間たちを、お礼の意味もこめて家へ食事に招待しました。
すきやきと、のり巻きという、私の2大レパートリーをご馳走し、さぁもう次回ご馳走する日本食がありません...

kinou.jpg

食後はみんなが持ってきてくれたワインで乾杯。
つまみはなぜか苺ポッキー。
vin2.jpg

そして最近ワインの消費量が半端ありません。

vin1.jpg

vin3.jpg

ヨーロッパは、(少なくても私の周りは)ワイン宅飲みというのが主流のようで、おかげさまで最近だんだんワインに強くなりましたが、さらにチーズとクラッカーの消費が増し、健康がちょっと心配になってきました。
気をつけないと、もう若くないしね...

運動不足だし、外でも走って、来年はストックホルムマラソンに挑戦しようかなと思ったり。(毎年思ってるけど)

気がつけば、あと一ヶ月ちょいで里帰り◎
暑さに備えて、できればちょっと身体を引き締めたいなぁ....

明けましておめでとうございます。

Category : Sweden
2010年、今年も軽快な滑り出しで始まったこのブログですが(!)私が新年をストックホルムのヨハンのお兄さんのアパートで迎えた様子をこの、2010年1回目のブログに更新したいと思います。

champani.jpg

”外国”では新年はもちろん、シャンパンで祝います

今年はヨハンとヨハンのお兄さん、お姉さんとお姉さんの次期旦那さん、ヨーテボリで同居していたもう1人のヨハンと彼女のハンナと一緒に年越しをしました。

persapartment.jpg

ストックホルムの、超街なかにある、ヨハンのお兄さんの素敵なアパート。ちなみに御覧の通り天井が三角屋根で、最上階です。(こういう部屋って、何て言うのでしょうか?)

lindgren brothers

リンドグレン・ブラザーズ。

ディナーはみんなで役割分担し、前菜はもう一人のヨハンとハンナが担当、メインはヨハンのお姉さんと彼氏が、デザートは私とヨハンがこしらえました。

per och hanna

ハンナとお手伝いのお兄さん、パール。

kraftsoppa.jpg

前菜はザリガニのスープとライ麦パンと白ワイン。

coolpic.jpg

maindish.jpg

メインは牛ヒレ肉のステーキ、トリュフのソース(!)とマッシュポテト、サラダ。

asa och martin

ヨハンのお姉さん、オーサと、彼のマッティンが作りました

そしてそして、

デザートの写真....




がない!!!!

ので、こちらの写真をお楽しみください。。 (デザートはおなじみのなのですが、今回は特別美味しくできたのに、写真がなくて残念!)

johan med champani

ヨハンとシャンパン。。

kyoudai..ja arimasen

もう一人のヨハンと私。(注:兄弟ではありません。)

0時をまわったとき、みんなで近くの、Sankt Eriksbron(日本語に訳すとおそらく、聖エリック橋)にシャンパンを片手に行き、(外の気温はきっと-10℃くらい..)打ち上げ花火を見ました。日本の芸術的な花火に比べると、ひどく残念で、橋の上は酔っぱらいの人たちであふれ、日本で迎える新年と違い全く感動的な感じではなかったので、私とヨハンは早々にそこを引き上げ、その日ヨーテボリに帰るための電車のラストミニッツチケットをネットで予約し、みんなの帰りを静かに待ったのでした...

第一回終わり。


***メリー・クリスマス***

Category : Sweden
気付いたら、コペンハーゲン以来ブログを更新していませんでした。
いや~2009年も、更新頻度、低かったなぁ。なんたって、ブログを書くのは私に取って大仕事(!)。
ブログを頻繁に更新する人って、改めてすごいなぁと思います。
来年は何事も億劫がらずにこなしたいものです。(と、毎年思うものです。)

しかし12月は目まぐるしく忙しかったのも事実で、例年ならばスウェーデンにいると12月頭からクリスマス気分をじわじわと実感し、祇園祭のごとく、まる一ヶ月祭りが続くような感じなのですが、今年はあっという間のクリスマスでした。コペンから戻って来てから、テスト勉強、レトリックの発表の準備、論文の準備とパラレルで忙しく、21日の夜テストを書き終わってから、引っ越しの準備に即取りかかり、22日は朝から晩まで、それこそ丸一日かけ、休みなしで引っ越しを完了させました。(新しいアパートについては、年が明けて部屋を片付けてからブログに更新したいと思います。)
ヨハンのお兄さんが車でストックホルムからわざわざ手伝いに来てくれていたので、23日にみんなでストックホルムのヨハンの実家に、吹雪の中6時間くらいかけて帰省。
途中にで寄ったガソリンスタンドで、ヨハンのお兄さんがガソリンを入れているとき、私は飲み物を買いにお店の中に入っていって、しばらくして外に出ると、なんと車がない!!というハプニングがありました。。
携帯も車の中に置きっぱなしだったので、ヨハンの番号もわからず、お店の人から電話を借りて自分の携帯に連絡し続けましたが誰も出ず、すぐに気付いて戻ってくるだろうと思っていたら、意外と時間が経ち、これぞホームアローン...と今年のクリスマスはガソリンスタンドで泥棒退治かと思い始めたとき、ヨハンがお店に入ってきました。
ヨハンは友達と長電話をして私が車を出たことに気付かず、15分後くらいして、電話を切ったあと、後部座席にいるはずの私に話しかけると返事がなく、後ろを振り返って始めて、私をどこかに置いて来たことに気付いたそうです。
私としては、もっと早く気付けーーー!!!と言いたいところでしたが、何も言わずに出て行った私にも非があるということで、こんなこともあるんだと、皆さんも気をつけてくださいね。
無事ストックホルムについて、このことをヨハンの家族に伝えると、みんな私に同情してくれ、ヨハンとお兄さんが責められていました。ふっふっふ

今年はストックホルム郊外のヨハンの実家で、3度目のクリスマスを無事迎えました
 
IMG_0778.jpg

IMG_0780.jpg

ちなみに今年は、世界的な悪天候のおかげで久しぶりのホワイトクリスマスに。
ヨーテボリにも珍しく雪がもっさり積もり、おかげで引っ越しも大変でした。

IMG_0808.jpg

IMG_0804.jpg

IMG_0805.jpg

IMG_0790.jpg

ジンジャークッキー、チョコクッキー、そしてサフランロールはいつもヨハンママの手作り

-1.jpg

-2.jpg

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

プロフィール

おった

Author:おった
今年の頭に学生結婚を果たしました。その直後、旦那さんは日本へ1年間の留学へ。極地スウェーデンに残された日本人妻はしかし、将来生計をたてるべく、日々学業に励んでいます。
8月21日に青山でささやかな披露宴を開き、皆さんに祝ってもらってようやく夫婦の実感が湧いてきました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。