スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼じゃありません。

Category : diary
昨日はなんたってお日様が照っていたので、ほぼ1日じゅう外の芝生の上で過ごしました。
とにかく本とか雑誌とか勉強道具を外に持ち出して、活動の拠点を外に移しました。
そのおかげで、昨日の夜はやけに顔が熱かった。日焼け止めを塗っていないポールは、赤鬼みたいになってました。

そして最近買ったボディローションを私は誤って使用していたため、今年は焼かざるを得ない状況に陥りました。
DSC_0040_convert_20080430181349.jpg

このボディローションは、からだに潤いを与えつつ、太陽に力を借りずに肌をちょっと小麦色にするというものなのですが、私は特に何も考えずに、乾燥したところにべたべた塗っていました。すると次の日気付いたら、手とか腕とかがやけに茶色く、おまけにムラができていて、驚きとショックで、しかしムラを埋めるためにまたローションを塗ったとさ。
ちょっとした悲劇です。
soft tanなんて書いておきながら驚異的な効果を持つボディローションでした。

焼くときはなんたって、ムラに気をつけなきゃですね。
しかし赤鬼ポールは、やっと眉毛が目立つって喜んでいました。Grattis!
スポンサーサイト

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

ちょっと真面目に書きました。

Category : diary
「自分は俗な人間だな」と、法律なんかを勉強してるとよく思います。
夏目漱石は晩年、小説の構想によって「大いに俗了された(俗化してしまった)心持」を転換するために漢詩を作ったそうです。
というわけで私も、からだから俗の汚れを落とすために、漢詩を読んでみたり、森を散歩したりしています。
でも、また次の瞬間、俗に浸ってしまうわけです。
ということで、今日のブログのテーマは、政治、経済、法律がらみの、ひどく人間的で風流のないテーマでいってみます。
「非正規雇用の増大」
近頃非常に関心の高い問題です。
かなり深刻みたいです。実は全く人ごとというわけでもありません。
ここではこの問題について語るのではなく、誰も興味のない、スウェーデンでのこの問題に対しての動きについて書きたいと思います。 
スウェーデンではまさに今年の1月1日から、非正規雇用について改正された法律が施行されました。それはどのようなものかというと、「通常のパートタイム労働者または代理労働者で5年以内の間に、同じ使用者のもとで合計で2年以上働いたものは正規雇用として認められる」(5 § lagen (1982:80) om anställningsskydd )というものです。"通常"のパートタイム労働者という表現は、スウェーデンの法律では他に、期間限定労働者とか、67歳以上の労働者も非正規雇用に含まれるためです。
この生まれたてほやほやの法律は、非正規雇用に対する差別をなくし、彼らにとってよりよい環境を与えるというEUにおける指令に基づいて作られたようです。
日本のそれに値する、または関係する法律と比較していないので何とも言えませんが、日本は終身雇用という(最近その傾向も少し薄れてはきているけれども)未だ根強く残る特殊な雇用形態の背景があるので、法律の内容もきっと趣の違うものなのだろうと思います。
でも、何となく参考までに。誰が参考にするのやらって感じですが。

さてこの機会に、このブログをさらにグダグダなものにしようと思います。
上に書いた問題について考えたり、友達と話したりするとよく思うことです。

私はこの間22歳になって嘆いていましたが、それでもまだ22歳です。まだおケツの蒙古斑も取れちゃいません。それで私に所詮世の中の何がわかるというのでしょうか。
けれども世間は私たちにむかって、将来を担う国民のひとりとして役割を果たせと、責任を押しつけてきます。「まだちょっとよくわかりません」なんて言っていると、もうそこにチャンスはないのです。これから世の中のことを知って、それから自分の道を決めればいいよなんて余裕は与えてくれません。気付いたときは、時すでに遅し、というのが日本社会なのではないかと思います。と、日本で生きている自分を想像して書いてみました。
だからといって、スウェーデンに生きている若者が正しいとはなかなか言い難い。逆に日本人であるがゆえ、スウェーデンで余裕こいてる自分に、「お前もう22だろが」といつもツッコミたくなります。しかし、今の自分の周りのせまい価値観と比較して、自分の価値を決めてしまうことは、これからもしたくないなと思うし、友達にもしてもらいたくないなと思います。
さて、言いたいことは伝わったかなぁ。
次回はもっと簡潔なブログにしよう。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

夕陽は無限に好し

Category : 漢詩
昨日、兄から誕生日プレゼントと手紙が届きました。
去年から始まった"伝統"で、お互いの誕生日にプレゼントを送り合うようにしています。
昔から仲がよかったというか、近い関係でしたが、年を重ねるにつれ、違う視点で兄弟に興味がわいてきたりするんですね。

そんなところで、今日の一句です。

夜雨北寄   夜雨、北に寄す 李商隱

君問帰期未有期  君は帰期を問うも 未だ期有らず
巴山夜雨漲秋池  巴山の夜雨 秋池に漲る
何当共剪西窓燭  何か当に共に西窓の燭を剪りて
却話巴山夜雨時  却って巴山夜雨の時を話すべき

あなたは私の帰る時期を聞いてきたが、その時期がまだ決まらないのだ
今この巴山では秋の雨が降り続け池に水があふれている
いつかあなたといっしょになって、西の窓辺の灯心を切りながら
その雨の音をひとり聞いているわが思いを話してあげたいものだ





我ら太陽族

Category : diary
最近めっきり暖かいので、うちの窓の外の芝生にはこのところ、ビキニを着たお姉さんたちが集まって日光浴をしています。
"今年は何としてもいい色に焼いて、ファンタスティックな男になりたい"ポールと、"美白の日本と、焼けてるのが格好いい欧米との狭間で揺れる”私も、毎日外で「チャルメラタオル」を敷いて日光浴を楽しんでいます。

DSC_0081_convert_20080424232618.jpg


DSC_0083_convert_20080424232646.jpg


DSC_0084_convert_20080424232722.jpg


ビーチバレーやサッカーを楽しむ素敵男子も見れて、感無量。

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

自転車がなくてもピザがある

Category : cooking
DeSicasBicycleThieves1948.jpg

1948年公開のイタリア映画「Ladri di biciclette」(自転車泥棒)を観たあと、私とポールは無性にモッツァレラチーズののったピザが食べたくなりました。
ので、昨日は暗黙の了解のごとく、ピザを頼むのではなく、自分たちで作りました。

Mat-04222008-022b.jpg


Mat-04222008-027b.jpg


Mat-04222008-030b.jpg


役割分担はいつも通り、生地をこねる力仕事は私、ソース作りや上のトッピングはポール、でした。非常に美味しかったし、固形イーストを使ったらすごく簡単に生地が作れたので、今度から頻繁にピザを作ろうと思いました。

ウンジャラゲの時代

Category : youtube
「まったく、近頃ロクなことがない...
 昔はよかったなぁ...
 オレたちの青春、ウンジャラゲの時代...」



旅立ち

Category : diary
中学校でバスケ部だったとき、試合の前に部員全員で手紙交換をするという伝統がありました。時期によって先輩と後輩の両方に書かなければならないときがあり、これは結構大変でした。内容がかぶらないように配慮し、まず、「先輩はいつもとてもおもしろくて...」と、まず個人的な性格から書き始め、「○○先輩のポストプレイは素晴らしい」とバスケっぽいことを書き、最後に「私はディフェンスとリバウンドを頑張ります」と自分の目標を書いたりしました。試合のとき以外にも、先輩が引退するときなどに手紙交換をします。先輩からの手紙には必ず格言みたいなのが書いてあって、特に心に響くものは引き出しの一番上に取っておいたりしました。今考えると、中学生って色々人生深く考えてるものだなぁと感心します。
部員以外にも、中学生の頃は先生からもたくさん手紙をもらいました。これはもう、格言の嵐ですが、今でも常に考えさせられたり、支えになっています。
と、長い前置きはさておき、スウェーデンですごく親しくしてもらって、お世話になっているご夫妻が、あと一週間足らずで日本に帰国されることになりました。
そして昨日、ご夫妻から手紙と、私とポールがえらく惚れてた家のスリッパが届きました。
奥さんの手紙には、また、素晴らしく感動的なことが書いてあり、一生私の心に残るのだろうなと思います。
部活の先輩の引退もそうですが、旅立ちのときに書かれる手紙は特に、今までその土地で得た経験やら教訓が詰め込まれてて、すごく心に響きます。その言葉を糧に、残された私達はまた新たに頑張れるんだろうなという気がします。
人生の先輩のご夫妻に向かって「旅立ち」とは失礼ですが、新しい土地で再び素敵な出会いや生活を送られることを心から願っています。

DSC_0023_convert_20080420164633.jpg


ジーンズから思ひ出がぽろっぽろっと出てきた

Category : diary
高校3年生の夏休み前、ジーンズのショートパンツを買いました。
その年の夏に結構愛用していたと思うのですが、スウェーデンに引っ越してから、とくにウメオにいたときに、もはや装着が不可能となり果てました。
ももからもうきつくて、こりゃだめだ、捨てようと思いつつも、いつかはけるかもと取っておいたら、最近普通にはけるようになっていました。嬉しくて部屋の中で無駄にはいていて、ふとポケットを探ってみると、予期せぬものが出てきました。

4年前と、3年前の映画の半券です。
4年前のは、福島市のワーナーマイカルで観た「ハウルの動く城」で日付が04.11.23。
普通の受験生なら絶対映画なんか観に行かない時期に、わざわざ福島市まで行っています。
これは今でもはっきり覚えていて、選択世界史の授業中、すでに映画を観たヤモリ先生が絶賛していて、期待しながら、推薦で受かった友達とバスに乗って観に行きました。
そのときは2人とも映画の内容がいまいち全部理解できず、でもヤモリ先生が褒め讃えていたから私達の理解不足のせいだね...と結論づけて帰ってきました。
周りを配慮して、映画を観に行ったことは誰にも言ってなかったような気がします。

3年前のは、カルガリーに住んでるときに観た「ミリオンダラー・ベイビー」で日付は17 May 05。ひとりでC-Trainに乗って観に行きました。料金はたったの2.5ドルで、当時のカナダドルは今と比べたら相当安かったので、300円以下でした。これは英語が難しすぎて、そのあと原作本を買ったのを覚えてます。

取り合えず、4年前のほうは11月だし、このジーンズでは行ってないはずで、3年前のはよく覚えてないけど、こういうの、よくポケットの中に残しておくもんだなぁ自分はと、ちょっと嬉しくなりました。
DSC_0006_convert_20080418163139.jpg

問題は

Category : shopping
もう季節は春、そしてだんだん夏に近づいているけれど、問題は靴です。
春用の靴を全く持っていません。
今あるのはブーツと、皮靴と、ランニングシューズと、サンダルです。
極力スウェーデンでの消費を抑えている私も、これは出費に値する必需品と見なし、早速靴屋に向かいました。
今年はパンプスかバレリーナシューズを履きたいなぁと試着してみるも、やはり私の、海のごとく広い足幅のためパンプスが二倍に膨張してニッチもサッチもいかず。

じゃあもうスニーカーかなとフレッドペリーのテニスシューズぽいのを試してみると、とても履きやすく、ポールもこれが一番と押してきたので、買ってしまいました。

DSC_0061_convert_20080417172054.jpg

今年も白基調です。
そういえば去年はベンシモンの白い木綿靴を履いて日本に帰ったら、幼稚園の靴みたいとか、保健室の先生みたいだとか散々けなされたあげく、履きすぎて底がすり減り、滑って転んで骨折するというひどい目に会いながらも、ギブスをはめながら意地になって履き続け、4回も実家のお外で湛然にその靴を洗ったりしました。思い出深すぎる靴です。
今年もあのタイプの靴を買って帰りたいなと思ってます。なんたって実家の庭で木綿の靴を洗うほど快適なものはないですからね。

久しぶりに(私にしては)でっかい買い物をすると、嬉しいというよりも、あ~買ってしまったどうしよう...という後ろめたい気持ちになるんだよね~とポールに言うと、わかるよその気持ち!と言われました。
ぜってーわかるはずねー!!
と思いつつ口には出さない、今日からテスト期間のスミコさんでした。

今週の一本

Category : movie
「The Savages」


一見どこにでもあるようなコメディに見えますが、この映画、久しぶりに声を出して笑いました。
ストーリーは単純で、痴呆症になった父親と20年ぶりに再開した兄弟が父親の面倒をどう見るかで争いつつも、新しい人生の道を見いだしていくというような話です。
この常にタイミングの悪い兄弟が身近にいそうな感じで、すごく親近感が持てます。プラス、配役がこの上なく素敵で、もうツボです。
後半がちょっと力不足ですが、前半は素晴らしいので、評価は、おにぎり4つです。(最高は5おにぎり)
残念ながら日本での公開はまだ未定みたいです。
日本上陸の際は、是非見てほしい一作です。


Fantastic man = Playing tennis

Category : diary
昨日は日曜日ということで、スミコさんはシナモンロールを焼いたり、ソファに寝転がって本を読んだり、極めて日曜日らしく過ごしていました。ポールさんも同じく、最近ネットで取り寄せたお気に入りの雑誌「FANTASTIC MAN」をソファで読んでいました。

scan_8414131450_1_convert_20080414202216.jpg

すると突然、トム・フォードのテニススタイルに触発されたポールが、今からテニスをやりに行こうと言ってきました。
scan_8414131228_1_convert_20080414202042.jpg


私はすっかりくつろぎモードでしたが、外は素晴らしく晴れていたので、久々に身体を動かすことにしました。
私はもうこれでいいやと部屋着のままでしたが、ポールは相変わらず、白のラルフローレンのポロシャツと、紺のラルフローレンのショートパンツにレコックの靴、ラコステのアームバンドと、さすが形から入っていってました。
学校の近くの無料テニスコートまでおよそ2km。チャリがないのでウォーミングアップと称して走って行くことに。
こんなに天気がいい日曜日だから、絶対先客がいるよと2人とも思ってましたが、着いてみるとラッキーなことに誰もいませんでした。
しかし、
ネットがありませんでした。
もう4月だよとツッコミつつ、しょうがないのでネットなしでプレーすることに。
久々でしたが、予想以上に楽しく、結構長く遊んでました。
そういえば去年ガットを新しく張り替えてから一回もやってませんでした。
今は外も暖かくなってきてるし、もっとテニスをやろうと思いました。

しかし、テニスは紳士のスポーツらしいですが、紳士がみなテニスが得意かどうかは甚だ疑問です。

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

22

Category : diary
おとつい、スウェーデンに来て3回目の誕生日を迎えました。
今年も特にこれといったこともなく、ありふれた毎日のうちの1つのように過ぎていった誕生日でしたが、最近読み終えた自伝小説の影響もあって、22歳になった自分の記念写真を撮ることにしました。

その写真を記念に親にメールで送ったのですが、何ともコメントに困っていたようです。
あとから考えると、こんなことをするようになった私はかなりヨーロッパナイズされてるなと思ったり。

私の誕生日を覚えていてくれた皆さん、ありがとうございます。
忘れてた、もしくは今知った皆さんも、ありがとうございます。
私は人の誕生日はほとんど覚えてなかったりするので、毎回感激しています。

ちなみに今年はポールのお母さんから誕生日カードが届きました。
ちょっとしたサプライズでした。笑

Driving force

Category : diary
勉強って、やり始めると何ともないのに、取りかかるまでに非常に時間がかかるのは、もはやコモンセンス。
頭の中を切り替えるために、マキアートをムーミンカップでグイッっと、ダークチョコレートを2枚サクッと、カフェインとポリフェノールを同時に接種し、ムーミン谷へ。
効きます。
DSC_0007_convert_20080410230505.jpg

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

Hong Kong Phooey

Category : diary
http://hongkong-phooey.blogspot.com

ポールの幼なじみのミカエルのブログです。
彼は今香港に留学してるのですが、この間彼女のデヴィが留学してる南アフリカ共和国に遊びに行ったみたいです。そのときに彼が取った写真がブログにアップされてて、ものすごく美しいので、是非見てみてください。
(写真をクリックすると大きくなります。)

 

スウェーデンと日本の有給休暇の比較

Category : Sweden
近頃、スウェーデンの労働法や、破産法を勉強してます。
昨日、興味深い法律を学びました。
有給休暇の法律です。
私は、日本人は働きすぎ、スウェーデン人は働かなさすぎという印象を持っているのですが、法律上でもそれがはっきりくっきり現れているようです。
ここでは、パートタイム労働者を除く、いわゆる「正社員」の有給休暇について見てみます。
1977年施行のsemesterlagより。
通常、労働者は1年のうち(3月31日から翌年の4月1日まで)最低25日間の有給休暇を得る権利があります。その上土日は除かれるので、つまり1年のうち、5週間の有給休暇があることになります。使用者と雇用者の間で特に取り決めがなければ、そのうち4週間は、6月から8月の間に取らなければならないようです。しかも、入社した年からこの法律は適用されます。(但し、8月31日以降入社の場合、その年の有給休暇は5日のみ。)
驚くべきことは、有給休暇中の給料です。通常、その年に稼いだ給料が有給休暇中の給料に反映されるのですが、なんと、その年の年収の12%がこの5週間にもらえます(!)通常10.7%が打倒というか、余裕で5週間養える率なのですが、この驚くべき率は、休暇中は旅行に行ったりするし、もっと金がかかるだろうからという、日本人からすると、え?みたいな考えのもとらしいです。
ちなみに日本は有給休暇中は通常の賃金が支払われます。(労働基準法第39条第6項)
スウェーデンでの有給休暇の時効は普通1年なのですが、20日以上有給が残っている場合は、翌年に持ち越すことができます。また、最高5年間貯めることができ、最高で10週間の有給がもらえたりします。
その他にも、両親休暇、母親休暇(産後2週間は労働禁止)なんてのもあります。

日本には、労働基準法39条に年次有給休暇の法律があり、その名の通り年度ごとに休暇の長さが定められています。勤務して6ヶ月後の10日を始めとして、最高で20日もらえるみたいです。日本はその分、祝祭日が豊富ですが。しかし、日本でたとえ20日の有給休暇を得られても、それをまるまる使う人はそうはいないのではないでしょうか?有給休暇を惜しみなく取る、スウェーデン人の根性は素敵としか言えません。

ちなみにドイツは更に上をいく6週間という噂です。

将来はスウェーデンに就職しようかな。

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

トイレットペーパー日和

Category : diary
DSC_0009_convert_20080405031513.jpg

昨日はすごく天気が良かったので、カメラを持って近くのスーパーにトイレットペーパーを買いにいきました。

DSC_0010_convert_20080405031538.jpg

おっ!木の枝にグローブが刺さってる!
春がとうとう来たんですねぇ~。

DSC_0004_convert_20080405031410.jpg

私はもうコートの類いは全部燃やしてしまいましたよっぶー。

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

エイプリル エイプリル

Category : news
4月1日、スウェーデンのメディアが一斉に信じられなります。
昨日、スウェーデンの各紙では"真実ではない"記事が掲載され、スウェーデンのNHKに当たるsvtでも、嘘のニュースが放送されました。
スウェーデン最大の発行部数を誇る朝刊紙、Dagens Nyheterでは、ストックホルムにあるスキー場を、環境の変化に左右されず9月から4月まで常にスキーが滑れるように、ガラス張りにする計画が進んでいるという偽の記事が掲載されました。
hammarbybacke-1.jpg

写真はwww.dn.seより。
今じゃなんとなく普通に有り得そうなニュースだったので、私もすっかり騙されました。
他にも、夕刊紙Aftonbladetが、ストロベリーとラズベリー異種交配された、その名もストラスベリーがイギリスの嗜好家の間で大ヒットだと報じ、ウップサーラの新聞では、日本の皇后陛下が昨年訪れた際に、ウップサーラ中央駅前にある「ニクスのポルスカ」という銅像の"アソコ”が露になっていることに難色を示したため、銅像の周りを花で囲んでアソコを隠すことが決定されたいう、嘘を報じました。

しかし、スウェーデンではまだテレビが白黒の時代に、svtが「ストッキングをテレビにかぶせると自宅のテレビがカラーになります」と、いかにも科学的な発見という感じで放送し、スウェーデン人が一斉にストッキングをテレビにかぶせてみたというのが、一番クラシックなエイプリルフールの話らしいです。

ちなみに私は昨日、友達にエイプリルフールの冗談のメールを送ろうとしたら、インターネットのサーバーがダウンしたという、冗談じゃないよという事態が起きたりしました。
ちなみにみなさんは昨日どんな冗談にひっかかったり、誰かを騙したりしましたか?

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

ホイコーロウ

Category : diary
DSC_0010_convert_20080401181040.jpg

昨日はまさに春到来の暖かさで、春用ジャケットを羽織って街を散歩しました。
仕事終わりのポールと待ち合わせをし、二人とも目をシワシワさせながら太陽の光をいっぱいに浴びました。そしてほどよい時にカフェに入り、ショウガ入りホットチョコレートなんか頼んじゃったりして。
「はい、どうぞ!」と、ハートの模様がでてきて、え?この店員さん、もしかして私のことが好きなのかな?とか、勘違いしちゃったりして。
そして、目の前のポールも、その美人な店員さんに釘付けだったりする、春の1日でした。

DSC_0008_640.jpg
プロフィール

おった

Author:おった
今年の頭に学生結婚を果たしました。その直後、旦那さんは日本へ1年間の留学へ。極地スウェーデンに残された日本人妻はしかし、将来生計をたてるべく、日々学業に励んでいます。
8月21日に青山でささやかな披露宴を開き、皆さんに祝ってもらってようやく夫婦の実感が湧いてきました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。