スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教官との会話

Category : diary
毎日、自動車学校の教官と宿舎の管理人さんとお話をしているおかげで、近年で一番訛りが強くなってしまいました。
ほかの合宿の皆さんは遠くから来ている人が多いので、やはりよく教官の話してることや、管理人が何を言っているかがさっぱりわからないようで、そんなときスムーズに会話をしている私は、よく「すごいね」と言われます。

仮免を取ってからの路上教習では、教官とずぅーと世間話をするのですが、やはり教官によって話題が異なり、歴史の話が好きな人もいれば、会津の話をしたがる人もいます。
この間は映画の話が好きな教官が担当で、私は「よく映画を観に米沢に来ます」と言ったら、ちょうど右折のときで教官に「信号見た?」と聞かれました。
きっと見て信号が青だったから右折しようと交差点内に進入したはずだったのだけど、とっさに不安になって「見てません。」と言いました。
すると教官は「えーーーー見てないのーーーーー!?!?」
そして私「ああああああ、すいませんすいませんごめんなさい!!!」
教官「見てないのかよ~」
あー、全然関係ない話だったのに、さすが教官厳しいなぁと思っていたら、それからなぜか話が食い違ってちょっとわけがわからなかったので、もう一度聞き直すと、
「信号見た?」ではなくて、
「スウィングガールズ見た?」
の聞き間違いでした。
ちょうど右折中だったこともあり、「スウィング」が、どういうわけか「スウィンゴウ」に聞こえたわけなんですね。
まぎらわしー!と思いながらも、スウィングガールズの話になり、あの映画は山形の学校が舞台だったので山形県の色んなところで撮影されてて、米沢もロケ地だったようです。
電車の中で部員が弁当を食べていたところや、電車が停止して、みんなが靴下を洗っていたところなどを教えてもらいました。その時間の路上は結局スウィングガールズロケツアーになり、せっかくだからもう一度あの映画観直してみようかななんて思いました。

そして私は今日も訛りまくってます。



スポンサーサイト

宿舎の人々

Category : diary
大して拘束されてるわけでもないのに、毎日教習が終わるとどっぷり疲れて宿舎に戻る日々です。
運転席に座ることに対する恐怖はだんだん薄れてきましたが、「じゃ、明日このコース独りでまわってもらいます」なんて予告された日にゃ、あぁ免許なんて取ろうと思うんじゃなかったよ...と後悔の念にかられます。そんなわけで昨日は宿舎に戻ってから、延々管理人のおばさんと宿舎が一緒の若いにいちゃんに愚痴を聞いてもらいました。
さすがおばちゃんも教習生をすごくよく理解してくれるけど、若いにいちゃんの、「あ、オレと同じだ。やっぱみんな一緒なんだね。でも今を乗り越えるとほんとあとは大丈夫だから」という言葉にすごく励まされました。若いにいちゃんは、頭に、オイそれ深すぎるだろとつっこみたくなるくらい深い剃り込みを入れてて、一見、乗りものを乗り回すために生まれて来たような外見ですが、それでも最初はオートマチックに変えようか真剣に悩んで、管理人さんに励まされていたようです。ちなみに若いにいちゃんは本当に若くて、「今年18になった」らしく、「何年生まれなの?」と聞くと、「平成2年」と言うことでした。
へ、平成元年のさらに2年あとかよ...と玉手箱を開けてしまった浦島太郎のような気分になって、思わず絶句してしまいました。
あーいつのまに私はこんなに年上になったんだろうという気持ちでいると、「いくつなんスか?」と聞かれ、私はなぜかとっさに「23!」と答えてしまい、間違いにもなかなか気付きませんでした。
あー、22になってまだ半年も経ってないのに...とまたため息が。

若いにいちゃんはそして奥さんもいて、子供ももうすぐ生まれるそうで、「じゃああんた、安全運転しなくちゃだめだかんねー」なんておばちゃんみたいなコメントを残しながら、平成2年がもう妻子持ちかぁと、三たび、気が遠くなりました。

そして最近、私の二日あとに入校してきた大阪のおじちゃん2人組(片方はからだががっちりしていて、片方は背が低いという、何とも典型的な漫才コンビのようなおじちゃんたち)とも親しくなりました。
「私の父親の実家が国分にあるんです」と言うと、
「なにーーー!国分やてーーーー!!俺の前の奥さん国分からきてんねん!!」
という反応が返ってきました。
背の低いほうのおじちゃんが、「前やないやろ」とつっこむと、
「厳密にはなあ、前の前の奥さんやねん」ガッハッハーと笑うので、何と言っていいかわからない私は取り合えず、がっはっはーと笑っておきました。

がたいのいいおじちゃんが、「俺の教官なぁ、ずぅーと寝てんねんで。」と言ってくるので、それはおじちゃんの運転を信頼してるんじゃないですかと言いたい私は、「おじちゃんたちはオートマとか持ってるんでしょ?」と聞くと「持ってへんよ?」と言い、「俺ら何も持ってへんよ。」と言うので、びっくりしてると、「停止されてんねん、当たり前やないか~」「こいつなんか2回も停止されてんねんで~」ということでした。ぜってー大阪住みたくねーー!!といつものことながら思う私。

今の時期合宿にはどんな人が来るのだろうとすごく気になっていましたが、つまりこういった人たちが来てるようです。
 

米沢観光

Category : diary
せっかく米沢市に滞在しているので、観光でもと今日の午前中、上杉神社に行ってきました。
ここでウィキペディアからの予備知識を披露すると、、
米沢藩の初代藩主は越後の大名・上杉謙信の甥にあたる上杉 景勝で、景勝はその前に豊臣秀吉の命で我が故郷会津120万石の大大名になりましたが、家康と対立したために征伐されていまい、米沢30万石の藩主に減封されてしまったようです。ちなみにその景勝の家老だった直江兼続が来年の大河ドラマ「天地人」の主人公です。
そういうわけで、上杉神社にはけっこうたくさん観光客が来ていました。

DSC_0044_convert_20080617222104.jpg

めがね橋

DSC_0042_convert_20080617221800.jpg

DSC_0027_convert_20080617221634.jpg

DSC_0037_convert_20080617221714.jpg

DSC_0048_convert_20080617221841.jpg

代10代米沢藩主、上杉鷹山
ジョン・F・ケネディが、「日本の政治家で一番尊敬しているのは上杉鷹山である」と言ったそうです。
お参りをしようと思ったとき、ちょうど宿舎の管理人のおじさんが声をかけてきて、「いや、追いかけてきたわけでないんだけんじょ、ちょっとほら、案内してやろうかななんて思って。」
と、明らかに善意で追いかけて来てくれたらしく、それからおじさんに神社の中やまわりを案内してもらいました。
米沢市は会津と同じく城下町ですが、お城自体は大正時代に火事でやけてなくなったしまったので、現在は城跡に社殿があります。
お庭が大変素敵でした。
帰りに、おじさんが「おれが来だこと、おっかさん(=おじさんの奥さんで、同じく宿舎の管理人さん)に言わなくていいがんな(言わなくていいからね)」と言われたので、「わがってるがらし(わかってます)」と返事しながら、微笑ましく思いました。

来年は大河ドラマの影響でもっと有名になるのではないでしょうか?
上杉神社、要チェックです。

日本で感じたこと

Category : diary
土曜日に約9ヶ月ぶりに美容室に行ってきました。
日本にいれば当たり前かもしれないけど、美容室のサービスはホントすごいと改めて実感しました。
そのなかでやや度を超えたサービスのひとつに、例えばシャンプーが終わったとき、シャンプーをしてくれた美容師さんが「お疲れさまでしたー」と言うのに続けて、お店のその他の美容師さんが一斉に「お疲れさまでしたー!!」と言うことが挙げられます。
これは私、なんだかどうしていいのかわかりません。
気持ちとしては「こちらこそありがとうございましたー!!」と大声で叫びたいのですが、それはやはりどうかと思うので、照れ笑いにとどめておきました。
それに、他のお客さんがシャンプーを終わったときなんか、つられて「お疲れさまでしたー!」と言いそうになります。
スーパーですら、日本と欧米ではサービスが天と地の差です。
日本にチップ制度があったら、こりゃチップがはずみすぎてお金がすぐなくなるなと思いました。

そして日曜日の朝、米沢にむかう車の中でTBSのサンデーモーニングを見ていたのですが、秋葉原の連続殺人事件の話題になったときのスタジオコメンテーターのコメントのレベルがあまりに低すぎてびっくりしました。
犯人に対して、理解できないの一点張りで、事件が起きた根本的な問題の解決策すら議論されません。(そしてこの事件は、実際に殺人を犯すこと以外は、現代人としてはかなり理解できるものだと思うのだが...)
そして今や世界がネット社会であるのは間違いないのに、インターネットが悪い影響を及ぼすとか、匿名で書き込みできるからどーだとか、そんな原始的な問題を提起されてもあまりにも意味がないと思いました。「ネットに書き込むことによって、自分自身を追いつめているんですよ」と言っていたコメンテーターがいましたが、あまりにも考えがなさすぎて話になりません。
ちょっとみんなもっともらしいことを言っているようであまりにテキトーにコメントしすぎてるし、コメンテーターを見渡すと、オーバー60でこりゃ議論するには年齢があまりにも片寄り過ぎでしょーがと思わずツッコミたくなりました。
サンデーモーニングファンの方には残念ですが、年上の方と若者との間の溝を更に深める番組だなと思わざるを得ませんでした。

ところで今私は山形県の米沢市で自動車免許の教習に通っています。
まだ来て二日目ですが、宿舎もキレイで快適な日々を送っています。
そして滞在中、米沢牛のステーキがいただけて、温泉にも連れってってもらえるそうです。
米沢市民もいい人が多く、そして方言も会津とほぼ同じなので、親近感もわきました。

明日は休み時間を利用して上杉神社を訪れようと思います。


帰国

Category : diary
昨日帰国しました。
成田から直接実家に帰ったのですが、その途中三春町のハーブガーデンに寄って食事をし、帰ってからはその足で眼科や携帯電話の契約に行ったりと、もう15日には米沢に運転免許取得の合宿に行くので、その前に予定していた実務を着々とこなしました。
携帯電話(というかピッチなのですが)の契約が終わるのを待っている最中に同じくサティのテナントに入っている着物屋さんを見に行ったら、ちょうど閉店売りつくしセールで、全品30%引き(今日から半額らしい)をやっていました。そこで「こむさでもーど」の可愛いゆかたを発見。
ラッキーなことに店長が私を常連のお客さんと勘違いしたのでなんと70%引きで、ゆかたと帯を買うことができました!
合計3万円が8千円に!
この差はデカい!

そんなわけで幸福に浸っていた私ですが、今朝は震度4の地震で目が覚めました。
2階で寝ていたので結構揺れはひどく、しかも長く継続的な揺れだったので、最初は寝続けようと思っていた私も、中国の地震を思い出して慌てて下に降りました。
あぁ日本に帰って来たんだと、朝から思い起こさざるを得ませんでした。
母親は庭でイチゴを取っていたのですが地震には全く気付かず、心配してメールしてきた叔母に
叔母「地震大丈夫だった!?」
母 「うん、気付かなかった。」
と返信してました。

去年、新潟で大きな地震があったときもちょうど夏休みで実家に帰っていました。
早朝に地震が発生したので、そのときも揺れで目覚めたのを覚えています。
ポールさんは一階に寝ていたので、慌てて階段を降りて様子を見に行くと、すでベッドから姿を消していました。
どこに行ったんだろう!と焦って視線を移すと、なんとベッドの下に潜り込んで身を守っていました。地震の全くないスウェーデンで育ったのに、日本人以上の防震対策を即座に行っていて驚かされました。

最近地震や自然災害の絶えないアジアですが、あのときのポールを見習ってしっかり自分の身を守らなければと思わされた、帰国翌日の朝でした。

Aちゃん

Category : diary
これまで全精力を注いできたコースの試験が5日にようやく終わりを迎え、その日の午後という、私の休みが始まったナイスタイミングで友人Aが旅先のスペインから遊びに着ました。
Aちゃんとの馴れ初めは、過去の私のブログを参照。
2005年12月3日の日記1
2005年12月3日の日記2 
昔の日記からわかるように、私と彼女はプラハで出会い、一緒にウィーンを旅行し、それから実に2年半ぶりの再会でした。
2人とも読めない韓国語ガイドを持って来た彼女は、その後どういう運命のいたずらかアシアナ航空に就職し韓国語をマスターしたあと、現在ロンドンに移り住みイギリスの航空会社でスチュワーデスとして働いています。
外見は確かに可愛くてスチュワーデスっぽいのだけれど、こんなにふざけたスチュワーデスがいるのかと、スッチーの常識を覆す性格の彼女ですが、わざわざリンシューピンまで遊びにきてくれました。
リンシューピンでは一緒に街をぶらぶらしたりアイスを食べたり、ポールの手料理をごちそうになったりしてゆっくりとしたときを過ごし、7日から2人でストックホルム観光に向かいました。私はそこからそのまま帰国するので荷物をまとめていたら、2人とも結局一睡もせずストックホルム行きの電車に乗ることに。

DSC_0124_convert_20080611214444.jpg

DSC_0143_convert_20080612002311.jpg


結局電車の中で2時間だけ寝て、1日ストックホルムの街を練り歩きました。
まずガムラスタンを通ってスルッセンにある、日本のガイドブックには絶対載っている有名なニシンの屋台へ。
DSC_0142_convert_20080611214957.jpg

DSC_0140_convert_20080611215037.jpg

噂通りの味でした。
非常に非常に美味しかった、おすすめです。

そのあとSödermalm(サーデルマルム)で可愛いデザインのお店巡りをしたりカフェを飲んだりしました。
それから、その晩はポールのお姉さんのアパートに泊まらせてもらえることになっていたので、鍵を預かっているポールのお兄さんのアパートへ。
そこでも美味しいカプチーノを頂きました。
夕飯は2人でフンパツして、ストックホルムで一番美味しいピザと評判のイタリアンレストランへ。
DSC_0154_convert_20080611220216.jpg

ええ、全くその通りでした。
そのとき食べたメニューを考えるだけで、幸せな気分になります。
帰りに近くのスーパーで、ノーベル賞の晩餐会で毎年出されるLejonet & Björnet(ライオンと熊)のサフラン味のアイスを買い、夜遅くに2人でアイスを食べながら話し込んでいましたが、あまりの睡眠不足にお互い何を言っているのかよく理解できず...

その日はさすがに2人ともぐっすり寝て、翌日はメインの目的地、世界遺産の、その名も”森のお墓”(Skogskyrkogården)に向かいました。現在地下鉄のラインが工事中なので、途中からバスが代行しています。
DSC_0167_convert_20080611222212.jpg

DSC_0177_convert_20080611224631.jpg

DSC_0181_convert_20080611224850.jpg

DSC_0186_convert_20080611225756.jpg

ストックホルムにこんなところがあったのかと、驚きと感激が一気にわき起こりました。

その日はそのまま街中でポールファミリーと合流してストックホルム郊外のポールの実家へ。
湖のほとりの一軒家でのんびり過ごしました。

DSC_0199_convert_20080611231713.jpg

DSC_0200_convert_20080611231437.jpg

DSC_0212_convert_20080612000914.jpg

DSC_0213_convert_20080612001002.jpg

スウェーデンに何があるの?と聞かれればスパッと返事が返せませんが、きっとココがいい!というよりは、何気なくいいところなのだと思います。
Aちゃんは(実はあすみちゃんって名前なんだけど)むしろ私よりスウェーデン生活に向いているのではないかと思うほど、大変気に入ってくれたようです。これからポールの友人を紹介してもらって、将来サンボとしての永住計画をすすめています。
あっという間の一週間、すごく楽しかった☆☆
またすぐ遊びにおいでね、Aちゃん^^

ところでAちゃんが帰ったその日(10日)の夜、サッカーのヨーロッパ選手権でスウェーデン対ギリシャの試合があり、スウェーデンが見事に2-0でギリシャを下しました。ギリシャには実に88年ぶりの勝利だったみたいです。
今日はポールの実家でのんびりと、ポールのお母さんと、ポールのお兄ちゃんの彼女と庭仕事をして過ごしました。女衆が外で働いている間、ポールは家の中でテレビを見ているということは、もはや誰も驚かないシチュエーションであります。
そして私の帰国日ももう明日にせまりました。
この快適な気候のスウェーデンを今離れるのは非常に名残惜しいけれど、久々に家族とや友達との再会を楽しみたいと思います。それと日本で美味しいご飯、もういいやってくらい食べるぞ~。
皆さんに近いうちにお会いできるのを楽しみにしています☆☆
(ブログも更新し続けたいと思います。)

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

おしゃれっこの欠点

Category : diary
ポールの友達のウルフが久しぶりに遊びに来たので、外でバーベキューをしました。

swedishsummer2008b.jpg

ブランド好きでおしゃれっこな2人はファッションの話でずっと盛り上がっていて、部屋に戻ってきてからもモード雑誌を2人で読み比べ、ポールは最近買ったコレクションを見せびらかし、ウルフはいちいちそれに感激してました。

そして昨日届いたジャイアントなラルフローレンの本。なんと重さ6キロ以上!
boken.jpg

「ちんじられな~い」

そして TODSのローファーを見せびらかすおしゃれっこポールの足下がなんと!
johanstrumpor.jpg

見事なくるぶし焼け。
本日はおしゃれっこ、足を焼くことに専念しています。

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

プロフィール

おった

Author:おった
今年の頭に学生結婚を果たしました。その直後、旦那さんは日本へ1年間の留学へ。極地スウェーデンに残された日本人妻はしかし、将来生計をたてるべく、日々学業に励んでいます。
8月21日に青山でささやかな披露宴を開き、皆さんに祝ってもらってようやく夫婦の実感が湧いてきました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。