スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Alessi Store in Stockholm

Category : shopping
週末が明け、昨日は重い腰をあげて街なかへ所用を足しに行ってきました。
そしてついでに寄ったAlessi のお店で私とヨハンは衝動買いをしてしまったのでした。

まんず、
WA09_3.jpg
こちらの電気ケトルはAlessiの新作で、お店にもつい10日くらい前に入荷したらしく、ネットにもまだほとんど出ていません。見た目がいい上、値段もお手頃で場所も取らず、新しいアパートにぴったりなので迷うことなく購入。

そして、
uu212058.jpg
こちらはJasper Morrisonデザインのパスタ鍋。
私とヨハンは今までパスタ鍋探しに身を焦がして来たのですが、イケアでさえ結構な値段がして、諦めかけていたときに現れたこちらのファンタスティックな鍋。
パスタ鍋を初めて世に出したというAlessiのオリジナル鍋の約半分の値段であります。
鍋を包んでもらっているときに、お店の主人のイタリア人?のおっちゃんが、インサイダー情報を教えてくれました。
というのは...
クリスマス前に、スウェーデンのプリンセス、ビクトリアが、弟のカール・フィリップ王子とこのお店にクリスマスプレゼントを買いに現れ、なんとこのJasper Morrison鍋シリーズを購入していったとのこと。(こちら↓)
10.jpg
もちろん、パスタ鍋も購入していったので、
ちゅーことは、
なんと、私たちは次期スウェーデン女王と同じパスタ鍋を持っているということ!
この鍋で沸かすパスタは王室の味がすること間違いなし!

おっちゃんは鍋を包みながら延々と話し続け、「....だからね、(来年結婚するビクトリアに)結婚式の引き出物もこちらで取り繕いますよって言ったのさ。ビクトリアは、”是非お願いね!”って言ったけどどーだかね~ワッハッハ!」と1人で盛り上がっていました。
さすがセニョール(スィニョーレ?)、外に積もった雪をすべて溶かすかというくらいのキャラクターの濃さでした。
ヨハンは何故かこのおっちゃんに気に入られたようで、割引してもらった上、鍋の蓋を持ち上げられるこちらのヘラ↓
879408.jpg
もサービスでつけてもらってました。

これで新しいアパートは結構Alessi色が強くなりそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

***メリー・クリスマス***

Category : Sweden
気付いたら、コペンハーゲン以来ブログを更新していませんでした。
いや~2009年も、更新頻度、低かったなぁ。なんたって、ブログを書くのは私に取って大仕事(!)。
ブログを頻繁に更新する人って、改めてすごいなぁと思います。
来年は何事も億劫がらずにこなしたいものです。(と、毎年思うものです。)

しかし12月は目まぐるしく忙しかったのも事実で、例年ならばスウェーデンにいると12月頭からクリスマス気分をじわじわと実感し、祇園祭のごとく、まる一ヶ月祭りが続くような感じなのですが、今年はあっという間のクリスマスでした。コペンから戻って来てから、テスト勉強、レトリックの発表の準備、論文の準備とパラレルで忙しく、21日の夜テストを書き終わってから、引っ越しの準備に即取りかかり、22日は朝から晩まで、それこそ丸一日かけ、休みなしで引っ越しを完了させました。(新しいアパートについては、年が明けて部屋を片付けてからブログに更新したいと思います。)
ヨハンのお兄さんが車でストックホルムからわざわざ手伝いに来てくれていたので、23日にみんなでストックホルムのヨハンの実家に、吹雪の中6時間くらいかけて帰省。
途中にで寄ったガソリンスタンドで、ヨハンのお兄さんがガソリンを入れているとき、私は飲み物を買いにお店の中に入っていって、しばらくして外に出ると、なんと車がない!!というハプニングがありました。。
携帯も車の中に置きっぱなしだったので、ヨハンの番号もわからず、お店の人から電話を借りて自分の携帯に連絡し続けましたが誰も出ず、すぐに気付いて戻ってくるだろうと思っていたら、意外と時間が経ち、これぞホームアローン...と今年のクリスマスはガソリンスタンドで泥棒退治かと思い始めたとき、ヨハンがお店に入ってきました。
ヨハンは友達と長電話をして私が車を出たことに気付かず、15分後くらいして、電話を切ったあと、後部座席にいるはずの私に話しかけると返事がなく、後ろを振り返って始めて、私をどこかに置いて来たことに気付いたそうです。
私としては、もっと早く気付けーーー!!!と言いたいところでしたが、何も言わずに出て行った私にも非があるということで、こんなこともあるんだと、皆さんも気をつけてくださいね。
無事ストックホルムについて、このことをヨハンの家族に伝えると、みんな私に同情してくれ、ヨハンとお兄さんが責められていました。ふっふっふ

今年はストックホルム郊外のヨハンの実家で、3度目のクリスマスを無事迎えました
 
IMG_0778.jpg

IMG_0780.jpg

ちなみに今年は、世界的な悪天候のおかげで久しぶりのホワイトクリスマスに。
ヨーテボリにも珍しく雪がもっさり積もり、おかげで引っ越しも大変でした。

IMG_0808.jpg

IMG_0804.jpg

IMG_0805.jpg

IMG_0790.jpg

ジンジャークッキー、チョコクッキー、そしてサフランロールはいつもヨハンママの手作り

-1.jpg

-2.jpg

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

コペンパン

Category : trevel
土曜日から一泊で、病み上がりのヨハンを連れてコペンハーゲンに行ってきました。
もともとはヨハンがCBS(Copenhagen Business School) で日本語検定の試験があったので、私も小旅行がてらついて行こうという感じだったのですが、ヨハンの具合が思わしくなかったので、保護者のような感じでついて行きました。私にはコペンで、もう1つ大きな目的があったのですがそれはまた後ほど。

ヨーテボリから、電車で3時間半。デンマークの首都、北欧のパリと呼ばれるコペンハーゲンに到着。
南だから、少し暖かいかなとの予想を裏切る、極寒のコペン。(ヨーテボリよりも断然寒かった。。)
実は4年前にも1泊3日で、当時仲良くしてもらっていた日本人の留学生たちとデンマークに来たことがあり、そのときはルイジアナ美術館から、フレデリクスボー城、王宮の衛兵の交替式など、観光コースをまわったのですが、もう大分前のことなので、コペンがいったいどういう街だったのか、ほぼ忘れてしまっていました。

これが実は私とヨハンに取って初の”海外旅行”。ということで、いつものユースホステルではなく、今回はホテルに宿泊しました。
泊まったところは、「WakeUp Copenhagen」でホームページの写真にある通り、モダンなホテルです。ロケーションは中央駅から徒歩10分程の好条件ですが、サービスは最小限におさえてある、日本でいうビジネスホテルというところでしょうか。
ダブルベッドの部屋で、朝食付き、2人で一泊1万2千円くらいでした。格安ホテルのサイトからスウェーデンクローナで予約したので、ホームページで直接予約するよりも安くすみました。

土曜日の夜7時、コペン到着。ホテルに着くと、ヨハンは身体を休めたいということで、レストランには行かず、私が夜の街を散策し、ビザを買ってきて部屋で食べました。そしてホテルにはスウェーデンの主要チャンネルがあり、その時間ちょうどヨハンの好きな番組、ロビンソン(日本でも放送された”サバイバー”のオリジナル番組)がやっていたので、家にいるような感じで初日はくつろぎました。

翌日、ヨハンは11時半から試験があったのですが、その前に、私のこの旅の大きな目的、地球温暖会議に参加すること、ではなく、(!?)、8月からデンマークのボーゲンセにある国民高等学校に留学している、高校のときの同級生でダブルスのパートナーだった、にの(みや)に会うために駅へ。
ボーゲンセーはアンデルセンの生誕地、オーデンセからバスで北に40分くらい行ったところにある小さな町だそうです。そこから朝早起きして、バスと電車を乗り継いでやってきてくれました。にのとは去年の大晦日に会津で偶然再会した以来。(そしてそのときが高校卒業以来初)
部活の友達や懐かしい話で盛り上がりました。

にのもコペンに滞在するのがほぼ初めてということで、2人で街を散策することに。
取り合えず、街の中心と思われるストロイエを一通り歩き、お腹が空いたところでレストランに入りました。

国境を越えデンマークにやってきて、まず受ける印象というか、衝撃的だったことは、
それはそれは予想以上に物価が高いことであります。

例えば、

IMG_0759.jpg


この何でもないコーヒー。
特に美味しいわけでもなかったのですが、一杯500円!

IMG_0758.jpg

このタルト一切れ、1000円!
確かに、日本でも1000円くらいするケーキはざらにあると思いますが、特に有名な店でもなく、はっきりいっちゃどこにでもあるタルトです。
経済危機で世界が円高になっても、デンマーククローナはその影響をあまり受けなかったようで、スウェーデンと比べると円が2分の一、つまりスウェーデンの物価の約2倍くらいします。
なるべく余計な出費は控え、しかし外にいるととてつもなく寒いので、このタルトで何とか寒さをしのぐ会津っ娘たち。

4年前にコペンに行ったときも、ちょうど今みたいなクリスマスの時期でしたが、今回もイルミネーションがとても綺麗でした。

IMG_0753.jpg

IMG_0754.jpg

IMG_0755.jpg

さすが環境に配慮してチャリで電力を供給しています。

IMG_0756.jpg

タイムリーなコペンハーゲン訪問。

IMG_0757.jpg

少しより目なレゴサンタ。

IMG_0760.jpg

環境条約会議にちなんだ特設地球儀がとても素敵でした。
(しかし今日の新聞には、この会議のスポンサーが、自動車メーカーや航空会社など、環境汚染を引き起こす側の”汚いスポンサー”であることへの批判の記事が。)

最近コペンに行った友達から聞いた、バリスタ日本一を多く排出するカフェを調べて行ったのですが、日曜日ということもあり、とても混んでいたので行けませんでした。
次回、もう少しスウェーデンクローナの価値が上がったら、また北欧のパリへ行ってみようと思います。

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

イッツウィンタータイム

Category : Göteborg
ジョハンさんがどうやら、インフルエンザにかかったらしく、5日間くらい熱が下がらず寝込んでいます。
そして私は、その間(まさに)献身的に看病をし、正直くったくったです。
ずっと家にいて、彼の発するSOSを感知せねばならないので、学校が終わったら直に家に帰り、家で家事と看病の合間を縫って勉強しています。いつもはご飯や買い物は分担して行ってるのですが、今は全て1人で2人分こなし、夜遅く薬を買いに行ったり、病院に電話したり、汗をかくので頻繁に洗濯をしたり、薬や水を飲ませたり、意外にすごく時間とエネルギーを消耗します。なので最近、介護の大変さ、子どもを持つことの大変さが少し理解できた気がしました。。
そして家にインフルエンザ患者がいるということは、自分にも移るという可能性が90%以上くらいだと思うのですが、私はまだ運良く生き延びています。ワクチンは先週接種してきたのですが、実際に効果がでるまで2週間はかかるということなので、もしヨハンが新型にかかっていたらあまり意味がありません。(ワクチンを投与してもらった看護婦さんからも、相当運がよくないと感染は避けられないわね、グッドラック!的なことを言われた...。)手を頻繁に洗ったりと、気をつけてはいますが、まだ毎日不安な日々を過ごしています。(そして介護疲れならぬ看病疲れ。。)

そして、通学路の並木道は冬の静けさが。

bild_20091201084720.jpg

どよよーん。

カラー写真がまだなかったときの、白黒の世界に戻ったようです。(*私は小さいとき、白黒写真しかなかった時代は、現実の景色も白黒だと思っていた。)

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

プロフィール

おった

Author:おった
今年の頭に学生結婚を果たしました。その直後、旦那さんは日本へ1年間の留学へ。極地スウェーデンに残された日本人妻はしかし、将来生計をたてるべく、日々学業に励んでいます。
8月21日に青山でささやかな披露宴を開き、皆さんに祝ってもらってようやく夫婦の実感が湧いてきました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。