スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストックホルム便り

Category : Sweden
只今のストックホルム...雨

IMG_0299.jpg

30℃の暑さから一点して、16℃の肌寒さです。

これからも雨は少しの間続くそうで。。

しかし少し太陽が覗いた昨日、久々の休日に、ヨハンのお母さんと一緒にドロットニング宮殿へ行ってきました

100_0088.jpg

こちら、世界遺産です。
ストックホルムの郊外にあり、お城の東側に国王夫妻が住んでいるそうです。
実はヨハンの実家にとても近く、街に行くときや通勤時に毎日通るので、もう通算100回くらい通過しています。観光のお客さんにも、「ドロットニング宮殿はおすすめですよ~」と、よく言ってるにも関わらず、自分はこの日、初めて中に入りました
今日はガイドのある時間も狙って行きました。

100_0080.jpg
100_0081.jpg

100_0083.jpg

ちょうど、お城の上に雨雲が。
ヨハンのお母さんが、「ドラマチックね」と呟いてました。

ちょうどお城の真ん中を拝観できるのですが、建設された1600年代の王様や女王の画がたくさん飾ってありました。

その後、お城から素敵な庭園を抜けて15分くらい歩いたところにある、"Kina slott"(中国のお城)へ。これは、1743年に国王になったアドルフ・フレドリックが1753年に、奥さんのロヴィーサ・ウルリカ王妃にの33歳の誕生日プレゼントに送ったお城です。王妃を驚かすために、ストックホルム市内で秘密に建築され、前日の夜に船で運ばれて一夜で建てられたらしいです。ろまんちっく。
もともとは一階のみ、木造建築だったのですが、10年で木が腐ってしまったので、王妃がその後新しく建て直したそうな。

100_0091.jpg

100_0092.jpg

当時、中国は異国情緒ただよう、ロマンのある国だと思われていて、貴族の間で「中国風」が流行っていたようですが、実際に中国の中がどんな様子かわからないので、あくまでも想像上の中国でした。

建物の中には、東インド会社を通じて中国から入手された陶器や、絹などが飾られていて、とても素敵でした。ちなみに京都からの珍しい、白い漆器もコレクションされてました。

このチャイナ・キャッスルも、ドロットニング宮殿の世界遺産の一部として登録されています。
グループ観光では省かれるところですが、色とりどりのお部屋に分かれている可愛らしい建物で、個人的にはとてもおすすめです。




テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

Comment

温度差すごいね!!

あと…ゆうこちゃん、写真撮り方相変わらず素敵だわぁ☆

行きたくなる!

美しい!!
元気そうでなにより♪

Ms. Mika>ありがとう^^ やはりスウェーデンは夏が一番素敵だよ☆★おいでおいで^^

Hanage>....しい.って私のこと??><
久しぶり!元気してる?Hanageちゃんの様子はあっきーからそれとなく聞いていたけどね^^時間があれば是非一緒にこちらへ★

非公開コメント

プロフィール

おった

Author:おった
今年の頭に学生結婚を果たしました。その直後、旦那さんは日本へ1年間の留学へ。極地スウェーデンに残された日本人妻はしかし、将来生計をたてるべく、日々学業に励んでいます。
8月21日に青山でささやかな披露宴を開き、皆さんに祝ってもらってようやく夫婦の実感が湧いてきました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。