スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sightseeing in Stockholm, Stockholm's guide *Day 1*

Category : Sweden
先週末、私はストックホルムへ、ストックホルムを究めに行ってきました。
ストックホルムは初めてスウェーデンに来たときと、この間母が来たときと2回観光をし、街自体はポールの実家もあるので数えきれないくらい来ているのですが、まだまだその魅力を見尽くしていない感があったからです。
ストックホルムは日本の旅行パンフレット曰く、「世界一美しい首都」です。
今回、私はその魅力を探るべく、ひとりストックホルムに向かいました。

*Day 1*
10:05、ストックホルム中央駅到着。まずはそこから歩いて10分のアパートに住むポールのお姉さんに会いに行く。今回の旅では、私がこの世で最も恐れているものの1つ、「スウェーデン人の女の人」と会ってその恐怖症を克服する目的も含まれています。ということで、今回は初めて彼女の家にお世話になることに。着替えなどが入った鞄をおいて、再び中央駅に戻り、ある人との待ち合わせ場所へ。そこに現れたのは、今回の旅の友、スウェーデン人の女の子、Linnちゃん。

リンリン

可愛い外見とは裏腹に、ブラックユーモアとグロテスクなものが大好き。そして、ストックホルム近郊の街に住んでるにも関わらず、ストックホルム観光がしたいとガイドブックを買い漁った意味不明ぶりです。
彼女と無事会った後、少し小腹が空いたのでポールの友達お勧めのカフェへ。
空きっ腹にブルーベリー&チーズケーキマフィンとラテを入れたため、かなり気分が悪くなる。が、本番の観光が控えてるので気を取り直して先へ進むことに。
まず観光客気分を味わうため、お土産ショップへ。
DSC_0050b.jpg

スウェーデン人代表として、バイキングハットをかぶってもらいました。
そのあとガムラスタンでこのハットをかぶっているインド人一行を見かけ、購入しかなったのを2人ですごく悔やみました。
それから小型フェリーにのって、別の島、Djurgården(ユールゴーデン)へ。そこにこの日の最大の目的地、Skansen(スカンセン)があります。ここは世界最初の野外博物館だそうです。スウェーデンの昔の家や町並みが再現されていて、大きい動物園や水族館もあります。
DSC_0061b.jpg

DSC_0105b.jpg

DSC_0118b.jpg

DSC_0131b.jpg
DSC_0147b.jpg
DSC_0145b.jpg

スカンセンは素晴らしく広いので、全部見て回るのに3、4時間かかりました。
それから帰りはトラムに乗って街へ戻り、公園でひなたぼっこをしてから夕食を食べにレストランへ。スウェーデン料理を食べたい気分ではなかったので、リンが食したことのない韓国料理を食べに、アリランへ。
たくさん日本人客がいました。私達のあとに入ってきた日本人が「ここは超人気店らしいですよ、席空いてるかなぁ。」と言ってるが聞こえました。
前に一度ここで食べたビビンパが今まで食べたことないくらい美味しかったので、今回もそれを注文することに。そしてビールはお決まりのアサヒ、スーパードライを注文しました。
同じくビールを注文したリンリンは、初めて身分証を見せずに済んだ、と言っていました。
一見、私と同い年か、むしろ年下に見える彼女は、なんと私より5歳も年上です。
18歳のときに取ったという身分証の写真を見せてもらいましたが、何故か今より年上に見えました。いつも20歳以下に見られるという彼女は、意味不明な驚異の若返りを果たしたみたいです。
夕食のあと、stadshuset(市庁舎)へ。
DSC_0156b.jpg

DSC_0158b.jpg

DSC_0160.jpg

DSC_0161b.jpg

夜の9時近くで、ちょうど夕日が建物に反射して、すごく綺麗でした。
1日目はここで幕をとじますが、観光はまだ2日目に続きます。。

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

Comment

非公開コメント

プロフィール

おった

Author:おった
今年の頭に学生結婚を果たしました。その直後、旦那さんは日本へ1年間の留学へ。極地スウェーデンに残された日本人妻はしかし、将来生計をたてるべく、日々学業に励んでいます。
8月21日に青山でささやかな披露宴を開き、皆さんに祝ってもらってようやく夫婦の実感が湧いてきました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。