スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国

Category : diary
昨日帰国しました。
成田から直接実家に帰ったのですが、その途中三春町のハーブガーデンに寄って食事をし、帰ってからはその足で眼科や携帯電話の契約に行ったりと、もう15日には米沢に運転免許取得の合宿に行くので、その前に予定していた実務を着々とこなしました。
携帯電話(というかピッチなのですが)の契約が終わるのを待っている最中に同じくサティのテナントに入っている着物屋さんを見に行ったら、ちょうど閉店売りつくしセールで、全品30%引き(今日から半額らしい)をやっていました。そこで「こむさでもーど」の可愛いゆかたを発見。
ラッキーなことに店長が私を常連のお客さんと勘違いしたのでなんと70%引きで、ゆかたと帯を買うことができました!
合計3万円が8千円に!
この差はデカい!

そんなわけで幸福に浸っていた私ですが、今朝は震度4の地震で目が覚めました。
2階で寝ていたので結構揺れはひどく、しかも長く継続的な揺れだったので、最初は寝続けようと思っていた私も、中国の地震を思い出して慌てて下に降りました。
あぁ日本に帰って来たんだと、朝から思い起こさざるを得ませんでした。
母親は庭でイチゴを取っていたのですが地震には全く気付かず、心配してメールしてきた叔母に
叔母「地震大丈夫だった!?」
母 「うん、気付かなかった。」
と返信してました。

去年、新潟で大きな地震があったときもちょうど夏休みで実家に帰っていました。
早朝に地震が発生したので、そのときも揺れで目覚めたのを覚えています。
ポールさんは一階に寝ていたので、慌てて階段を降りて様子を見に行くと、すでベッドから姿を消していました。
どこに行ったんだろう!と焦って視線を移すと、なんとベッドの下に潜り込んで身を守っていました。地震の全くないスウェーデンで育ったのに、日本人以上の防震対策を即座に行っていて驚かされました。

最近地震や自然災害の絶えないアジアですが、あのときのポールを見習ってしっかり自分の身を守らなければと思わされた、帰国翌日の朝でした。

Comment

非公開コメント

プロフィール

おった

Author:おった
今年の頭に学生結婚を果たしました。その直後、旦那さんは日本へ1年間の留学へ。極地スウェーデンに残された日本人妻はしかし、将来生計をたてるべく、日々学業に励んでいます。
8月21日に青山でささやかな披露宴を開き、皆さんに祝ってもらってようやく夫婦の実感が湧いてきました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。