スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪をひくに至った経緯と内容が日記すぎるブログ

Category : diary
カゼーをひいてしまいました。
木曜日の夜ソファで寝てしまい夜中起きたら、なんと口が開いていました。
それからノドが痛みだし、金曜日の夜にはからだ全身にウィルスが転移していました。

金曜日は大変な1日でした。
朝9時から弁護士事務所をグループで訪問し、(スウェーデンで一番大きい、mannheimer swartling というローファームで、オフィス全体が輝いていた...)来週の模擬裁判へのアドバイスをもらい、それから午後4時、原告、被告、裁判官グループがそれぞれ集まってディスカッションをするまで、グループのみんなと来週にむけての準備をしました。
5時に学校をあとにしたときには、全身に倦怠感が、そのあと友達の家でご飯を食べ、帰ってソファに腰をおろしてから、3時間以上動けなくなってしまいました。

寝室に行って寝ようにも、そんなエネルギーが、いや、エナジーが全くありませんでした。
そして全身にズキズキと突き刺さされるような筋肉痛、および、腰痛。

今朝も起きたらベットの一部と化していましたが、友人がお茶に来ることになっていたので、なんとか起きて部屋を片付けたりなんだりしましたが、手がおぼつかなく、これはもしかしたらインフルエンザのやつにからだを侵されたのかとようやく疑いはじめました。

しかし、私はこれまで、2回ほどインフルエンザ(A)を経験しましたが、それに比べたらまだましで(あのときは本当に人生が終わってしまうと思った)熱もほとんどないので、これは今流行りの「風邪」と自分自身で診断をくだしました。

・体温計の話
午後に薬局に行き、体温計を買ってきました。
おもに二つの種類の体温計が売られていて、赤が口、脇の下用。そして緑が肛門用でした。
友達に「赤のほうを買いなよ」と事前に言われていたので、問題はなかったのですが、「肛門」なんていう単語は知らないので、エコな気分で色を選んでいたら危ないところでした。
しかし緑の体温計のパッケージに書いてある単語を解読すると、「腸の終わり」という意味だったので、それはイコール肛門だなと、おぼろげな頭で思ったりしました。

・インドで風邪をひいたときの話
あのときほど、家族を恋しく思ったときはありません。
6~8人のドームに泊まっていて、そのほとんどの人が風邪をひいていました。(そのうち1人が入院。空調も悪く、今考えると感染率ほぼ100%)
外に出ればインド人が、中にいてもいろんな国からの旅行者がいましたが、そんな中でも世界で一番孤独だと感じました。100万円借金してでも会津の家に帰りたかった。
当時20歳でしたが、子供のとき親に看病してもらったのを鮮明に思い出し、涙が止まりませんでした。ついでに下痢も止まらず。

今の症状はそこまでひどくないので、まだ1人で乗り切れそうですが、健康に勝るものなし。この一言に本当に尽きます。



テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

Comment

お互い風邪には気をつけようね、とメールしたそばから・・・w
とにかく体冷やさないようにして、ビタミンと栄養とって早く治してね。
私も気をつけよっと。

自分の体力を過信してたよ...
冷やさないように気をつけたのに、それが裏目にでるってこのやるせない気持ち、アッキーはわかるよね?^^
非公開コメント

プロフィール

おった

Author:おった
今年の頭に学生結婚を果たしました。その直後、旦那さんは日本へ1年間の留学へ。極地スウェーデンに残された日本人妻はしかし、将来生計をたてるべく、日々学業に励んでいます。
8月21日に青山でささやかな披露宴を開き、皆さんに祝ってもらってようやく夫婦の実感が湧いてきました。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。